上原です。

ここ最近ですがメルマガ読者さんから

「Minedia(マインディア)ってどうなんですか?」

という質問がチラホラときています。

Minedia(マインディア)というのはザックリと言えば

・ハピタス

・モッピー

・マクロミル

・げん玉

等のポイントサイトで稼ぐ類のものと同じサービスです。

当ブログではポイントサイトに関する情報は一切発信していないので、当然ながら私自身のスタンスとしても

「Minedia(マインディア)に時間使うならバイトした方が良いのでは?」

と思っています。

私は一貫して副業にはアフィリエイトを推奨しているわけですが、このブログ経由で主婦の方や副業を始めて副収入を得たい方から日々相談がくるので、「Minedia(マインディア)」のようなポイントサイトに興味を持つ人がいるのも納得という感じです。

「Minedia(マインディア)」はSNSの広告等で

「45分のインタビューに答えて、8000円が一般的」

と謳っているだけあって、気になっている方も多いのではないでしょうか?

ということで、当ブログにしてはちょっと変化球ですが、今回はご質問いただいた「Minedia(マインディア)」についてのレビュー(?)というか私見をお伝えしておきます。

それでは早速いってみましょう。

Minedia(マインディア)とは?

まず、「Minedia(マインディア)」とは、ネットでアンケートやインタビューに答えるだけで報酬がもらえるというサービスで、分かりやすくに言えば

「スキマ時間にネットでできる副業」

という感じです。

コンセプトは

「空き時間でインタビューに答えて、謝礼をもうらおう!」

との事で、その報酬は45分で8000円と時給換算するとそれなりに高額な部類になります。

似たような時給をゲットしようとなると、「治験」などもありますが、拘束時間が非常に長かったり参加条件が厳しかったりしますが、

「45分でインタビューに答えるだけなら私にも・・・」

と淡い期待を抱く人も多いのではないでしょうか。

また、病気や怪我や育児等で外出できない方でも、「それなら・・」と思えますよね。

株式会社マインディア(Minedia)の評判

Minedia(マインディア)は「株式会社マインディア」が運営しており、事業内容としては企業の「マーケティング調査」や「意識調査」を手伝っているようです。

企業は商品開発等に生かすためにいろんなマーケティング活動をしています。

・消費者はどう感じるのか?

・消費者はどのような行動をとっているのか?

これらをリサーチして自社商品の開発や販売に役立てるわけです。

そんな企業に代わって消費者の意見や感想をアンケート、またはインタビューを通して企業に届けているのが株式会社マインディアであるということ。

つまり、一般企業からマインディアへ「調査」の依頼が入り、その調査に協力した(マインディアに参加)方に謝礼としていくらか貰えるという仕組みです。

ちなみに公式ページによると、マインディアのクライアントには以下のような企業がいるみたいです。

かなり有名な企業ばかりですね。

マインディアに対して「怪しい」との評判も挙がっていますが、ビジネスモデル的に何の問題もありませんし、報酬の源になっている企業も超が付くほどの大手ばかりなので怪しさは一気になくなりますね。

「Minedia(マインディア)」のポイント獲得方法

「Minedia(マインディア)」はアンケートやインタビューに答えるとポイントが貰えて、そのポイントをお金に換金するのが基本です。

そして、Minedia(マインディア)は以下の3つの方法でポイントを獲得することができます。

1.アンケート調査

2.インタビュー調査

3.インターネットでのお買い物調査

それぞれに解説していきます。

1.アンケート調査

アンケート調査は選択したアンケートに対して回答してポイントを受け取るというシンプルなものになっています。

他のポイントサイトと同様に、本当に淡々とアンケートに答えるだけです。

ただ、その分貰えるポイントは低めです。

1件200ptとかが多いですが、200pt=10円相当とのこと。

アンケート内容は5分もあれば即終わるレベルの簡単な選択式のアンケートですので、これは確かに誰でもスキマ時間でサクッとポイントが稼げるのは間違いありません。

2.インタビュー調査

インタビュー調査はビデオシステム(ビデオ通話)を使って、企業からのインタビューに答えてポイントを受け取る形になります。

そして、このインタビュー調査はアンケート調査の回答者から抽選で当選する仕組みで、インタビューを受けるためにはアンケートに答えることが必須です。

インタビュー調査で高額報酬を狙いたい場合は、積極的にアンケート調査に答えないといけません。

ちなみに「Minedia(マインディア)」の謳い文句にある「45分で8000円」もインタビューに答えた場合の話です。

具体例としては、

・フリマアプリに関する意識調査

・ネット検索に関する意識調査

・洗濯用洗剤に関する意識調査

・メガネに関する意識調査

などです。

45分~60分ほどの時間で報酬こそ8000円と高額ですが、それぞれの募集人数は5人~20人です。

現段階でどれくらいの人がMinedia(マインディア)に参加しているかは不明ですが、募集人数がたったの5人〜20人だとテレビCMも結構打っているので参加人数が増えれば増えるほど、インタビューの倍率は上がっていきます。

もうこの時点で個人的には宝くじと同じようなもんだと思ってるので、謳い文句の「45分で8000円」を期待して参加しても時間の無駄だと思います。

恐らく、今後

「インタビュー全然当たらねーじゃねーか!」

という参加者の評判は、間違いなく増えて行くはずです(笑)

3.インターネットでのお買い物調査

お買い物調査は、自分がインターネットで購入した商品やサービスの情報をマインディアに提供することでポイントを受け取れる仕組みです。

また、お買い物の調査に参加することで、参加者限定のインタビューに応募できたりインタビューの当選確率が上がるなどのメリットもあります。

その反面、あなたがAmazonや楽天で購入した商品全てが筒抜けになり、購入履歴という個人情報を渡すということでもあります。

個人的には

「たかだか10円ぽっちで個人情報を売る」

という行為が意味不明なので、まあこの辺りは参加者さんの価値観によるかと思います。

ただ、マインディア登録時に参加を促されますが拒否も出来ますので、抵抗感がある場合は拒否してアンケートやインタビューのみでポイントを稼ぐことも可能です。

Minedia(マインディア)の評判と反比例する現実と感想

これまでに解説してきたのが「Minedia(マインディア)」の概要になりますが、この前提を踏まえて結論から言えば、冒頭でも既にお伝えしている通り、

「Minedia(マインディア)に時間使うならバイトした方が良いのでは?」

という感じで特別おすすめはしませんね。

理由としては単純に時給換算してコスパが悪いからです。

1件の回答で平均5分で10円を得られるとして、これを時給換算すると「120円」になるわけですが、1時間使って缶ジュース1本しか買えない報酬って評判になるほど取り組む価値ありますかね?

「インタビューにさえ当選すれば8000円得られますよ」

と思う人もいるかもしれませんが、そもそものインタビュー案件自体が少ない上に、その募集人数も5人~20人と言われてるので普通に確率論で考えれば当選する可能性は限りなくゼロに近い数字になります。

仮に、100人参加で当選が5人であれば当選確率は5%です。

1万人参加であれば当選確率は0.05%となります。

他のポイントサイトの会員数がそれぞれ

・げん玉=1000万人

・モッピー=900万人

・ハピタス=320万人

・マクロミル=130万人

という現実を見るに、Minedia(マインディア)の登録者がたった1万人に納まるとは考えにくいので、もっと登録者数が増えればそれに比例して当然ながらインタビューに当選する確率は途方もなく減少していきます。

・・・これでも当選する自信あります?

まして、ポイントの最低交換額1000円からなので、チマチマと10円を稼ぎ続けたところで、おそらく最低交換額の1000円に達する前にインタビュー当選することなく挫折する人の方が圧倒的に多くなると思います。

副業や小遣い稼ぎにポイントサイトをおススメしているブログやサイト等もありますが、そうしたブログ等を運営している彼らはポイントサイトで稼いでいるんじゃなくて、紹介報酬で稼いでいるのがほとんどです。

Minedia(マインディア)等のこの手のポイントサイトというのは紹介報酬というものが設定されており、自分の紹介によって1人ポイントサイトに登録する毎に数百円ほどの報酬が発生します。

要するに、ポイントサイトをおススメしている人というのは、報酬規模こそ私の1/100程度ですが稼ぎのメインとしてはアフィリエイト(紹介報酬)そのものです。

>>アフィリエイトとは?

ポイントサイト自体はもっての他ですが、ポイントサイトの紹介なんかも、普段1件の成約で1万以上の収益が発生する私からしたらポイントサイトのアフィリエイト(紹介報酬)なんかたかが知れた金額なんで、

「正直やってられない」

というのが率直な感想です。

ポイントサイトのメリット等を嬉々として解説して登録を促しているサイト等もありますが、はっきり言ってポイントサイトに時間や労力を使うくらいなら、普通にそのリソースを私が推奨しているアフィリエイトに取り組んだ方が3桁ほど桁が違う小遣い稼ぎになりますよ。

例えば、ポイントサイトではアンケートとして情報を企業に提供するわけですが、そんな情報を自分のブログ等の媒体でネットを使う全ての人に発信していくだけの違いで、報酬が10円なのか1万円なのかの違いが出てきます。

>>凡人がネットビジネスで大きな金額を稼げる根本的な理由

せっかく収益になる可能性がある情報を、どこの誰とも知らない企業のために10円で売るという思考がちょっと私には理解出来ないというのが正直なところです。

もちろん、どんなジャンルやどんな情報を発信していくかで収益化しやすいか否かという面もありますが、Minedia(マインディア)をはじめとするポイントサイト等でも良くあるアンケートの「美容」や「健康」に関する情報であれば、収益化とはかなり相性は良いです。

というのも、人が商品購入を決定する動機の大きな要素として「コンプレックス」というものがあります。

人が持つ根源的な欲求のひとつに「より良い自分でありたい」という願望があるんですが、まさに美容や健康というジャンルはその願望とマッチしているので、商品成約されやすいジャンルとなります。

その辺りのジャンルを取り組むのであれば、以下の教材なんかは非常におススメです。

>>美容健康特化型3ステップアフィリエイトのレビュー

こちらの教材はそれこそ専業主婦の方が、家事等のすき間時間をやりくりして実際にアフィリエイトで収益化させた戦略を解説した教材になっていて、無料ブログで取り組める辺りも初心者の人でも実践しやすいポイントです。

ポイントサイト等で120円という「奴隷のような時給」のために不毛な労力を使うよりは、よほど現実的な副収入の方法になってます。

ポイントサイトで小遣いを稼ごうとしている人が月にどれくらいの副収入を得たいのかは分かりませんが、今回のMinedia(マインディア)で言えば、相当頑張ってもせいぜい5000円ほどではないかと思います。

仮に月5千円の収入増で満足出来るのであれば、収入を増やすよりも支出を減らす方が間違いなく手っ取り早いですよ。

そうでなく、月に5万とか10万とかの副収入を得たいなら、まずポイントサイトという選択肢は絶対に「ない」です。

まあ、その辺りは人それぞれの価値観がありますから私がとやかく言うつもりもないんですが、Minedia(マインディア)をはじめとする各種ポイントサイトに関しては

「奴隷のような時給に時間や労力を使いたければどうぞ」

という個人的なスタンスは全く変わりませんね。

ポイントサイトではなく、私がやってるようなネットビジネスに少しでも興味があれば、こちらの記事も併せて参考にされてください。

>>ネットビジネス全くの初心者が最初にすべき事とは?

>>初心者がネットビジネスで月収10万円を稼ぐには?

というわけで以上が「Minedia(マインディア)」に関するレビューというか私見でした。

参考にされてください。

それでは上原でした。

PS.

■初心者には以下の商材がお勧めです。

・物販アフィリエイト系のノウハウ

>>超初心者でもOK!物販アフィリエイトで月10万円稼ぐノウハウ

・トレンドアフィリエイト系のノウハウ

>>ビジネススタートに最適!月10万円を実現するトレンドアフィリエイトノウハウ

・ポータルサイト系のノウハウ

>>ポータルサイトを使って記事更新不要でも月10万円狙えるノウハウ

おすすめの記事