上原です。

今回はかなり衝撃的なノウハウとツールがリリースされました。

柴野雅史さんという方が販売する

>>フェニックス(全自動更新型ポータルサイト構築システム)

というものです。

その名の通り、「全自動でポータルサイトを運営する」という趣旨のノウハウとツールのセット教材ですね。

実のところ、この手の「自動でサイトを作る系」のノウハウは結構出回ってはいますが、内容が薄くてまともに稼げないものが大半を占めているのが実情です。

ただ、実際に私もマニュアルに目を通しましたが、今回の「フェニックス(全自動更新型ポータルサイト構築システム)」のノウハウは、かなり戦略が練られており非常に稼ぎやすい内容となっています。

そんなわけで、

「これはこのブログでも取り上げておかねば!」

と思い、早速中身の方をレビューしていましょう。

柴野雅史のフェニックス(全自動更新型ポータルサイト構築システム)概要評価レビュー

■特手商法取引法に基づく表記
販売社名:株式会社アドシステム
運営責任者:久米妥
所在地:〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号:050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者:柴野雅史
サポートメールアドレス:kamon@anime-ss.info
販売URL:http://anime-ss.info/houou/

ポータルサイトとその収益性について

まずレビューの前に、そもそもとして、今回取り上げる「フェニックス」の教材名に掲げられている

「ポータルサイトとは何なのか?」

という部分をクリアにしておきます。

ポータルサイトというものは、サイトの形式の1つですが、恐らく1番有名な有名なポータルサイトとして挙げられるのは「Yahoo!!」のトップページです。

インターネットユーザーで、ネットサーフィンなどをする際に、まず「Yahoo!!」を使うという人も多いと思います。

この「Yahoo!!」のように、

「はじめの入り口になるようなサイト」

のことをポータルサイトと呼びます。

各ポータルサイトによって構成されているコンテンツはもちろん異なりますが、多くのポータルサイトでは基本的に「ニュース記事」や「天気情報」など、幅広く便利な情報コンテンツで構成されている傾向にあります。

そんなポータルサイトですが、例えばこの「Yahoo!!」というポータルサイトでは膨大な数のニュース情報が毎日、それも「数時間」から「数分毎」に更新されています。

ただ、このニュース記事というものは、「Yahoo!!」の管理人が手動で更新しているわけではありません。

「Yahoo!!」に限らず、ポータルサイトの記事コンテンツというものは、記事の配信元サイトが別にあり、その配信元サイトの記事が更新されたら、ポータルサイトの方でも勝手に記事コンテンツが更新されるものなのです。

例えば、こちらのYahoo!!ニュースの記事。

こちらのニュース記事も当然「Yahoo!!」の人間が書いているものではなく、赤枠で囲っている「オリコン」という配信元サイトが書いたものです。

以下がその配信元である「オリコン」の実際の記事ページです。

このオリコンというサイトの「オリジナル記事」が更新されることで、その後、システムによってポータルサイトである「Yahoo!!」の方でも「Yahoo!!ニュース」として自動的にコンテンツが更新されるわけです。

このように、ポータルサイトというものは、別の配信元サイトの記事を取得して自動で表示するので、基本的に管理人が記事コンテンツを作成しなくても、ポータルサイト内のコンテンツは勝手に更新されていくのです。

なんなら、ポータルサイトの管理人はチェックしなければ、自分のポータルサイトのコンテンツが更新されていることすらも気付きません。

そんなポータルサイトですが、実際に収益を生み出すキャッシュポイントとなるのは何なのかと言えば、これは「Yahoo!!」を見れば一目瞭然で、両サイドに多数の広告枠が存在しているのが確認できます。

ポータルサイトには多くのアクセスが集まるので、ここでの広告枠で収益を上げているのです。

これまでに解説してきた「ポータルサイト」というものを、自分で作り上げてしまうというのが、今回紹介する「フェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)」のノウハウ及び、ツールになります。

この辺りで、ある程度ネットに詳しい人だと

「このポータルサイトってアンテナサイトと何が違うの?」

という疑問を持つ人も少なくないかもしれません。

アンテナサイトというものは

「まとめサイトをまとめたサイト」

の事であり、様々なまとめサイトの更新情報が一覧で表示されているサイトのことを言います。

定番な形式でいうと以下のようなサイトのことですね。

ざっくりと言えばこんなところがアンテナサイトの概要になりますが、実はポータルサイトと似ている部分もあります。

それは

「記事が自動で更新されていく」

という点ですね。

とは言え、見て頂ければ分かる通り、アンテナサイトというものは機械的に記事(配信元サイトの記事タイトルのリンク)が羅列されているだけのものです。

あくまでも

「まとめサイトをまとめただけ」

ですので、すぐに別の記事である他のサイトにアクセスが飛んでいってしまうというリクスがあるのです。

そんな特性から、自身のアンテナサイトへの滞在時間は必然的に短くなりますので、当然ながらアンテナサイトの「1サイト自体の収益というものはたかが知れているわけです。

実際にアンテナサイトを運営している人でも、

「確かに自動だけど1サイトあたりの収益はかなり少ないな・・・」

と感じる人も少なくはないのではないでしょうか?

その点、ポータルサイトの場合はただ機械的に記事を羅列する形ではなく、記事を綺麗にカテゴリーに分けて表示することが可能です。

さらには、そこに加えて「天気情報」や「株価情報」などの

「多くの人の役に立つ情報」

を自由に掲載することが出来ますので、サイトに「利便性」という要素を持たせることが可能で、それはつまり、サイトにアクセスしてきた訪問者の「サイト滞在時間」を伸ばすことに繋がります。

サイト滞在時間が長い=広告への誘導率が上がる

というのはポータルサイトに限らず、全てのwebページにおいて揺るぎようの無い事実ですので、それがアドセンス等の「クリック型広告」であろうが、「成約型の広告」であろうが、報酬に繋がる可能性がアップするということです。

故に、この点から収益性で見れば

ポータルサイト>アンテナサイト

という図式になるのは間違いありません。

両方共に全自動で勝手にコンテンツが更新されることに違いはありませんが、収益性が全く異なるわけですね。

上手くサイトを構築すれば、それこそ1サイトを放置してても5万円、10万円と報酬を積み上げて行くことが可能な内容になっています。

しかも、コンテンツ自体は自動で更新されていくわけですから、浮いた時間に新たなポータルサイトを量産していき、そのサイトの数に比例して報酬も雪だるま式に膨れ上がって行くのです。

柴野雅史のフェニックス(全自動更新型ポータルサイト構築システム)の内容について

ポータルサイト自体の特徴や収益性に続いて、実際に今回の柴野雅史さんのフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)の内容をレビューしていきます。

フェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)はノウハウとツールがセット教材になっており、まずは、その戦略を解説したマニュアルの方を見ていきます。

マニュアルの方は戦略が良く練られており、全3章からなるPDFマニュアルが280ページほどのボリュームで構成されています。

ただ、無駄なノウハウを入れてボリュームの水増しをしているわけではなく、必要な情報だけをギッシリと詰め込んだ上でこのボリュームとなっているので、かなり「濃い」マニュアルになっています。

とは言え、はじめてポータルサイトを作成する人でも手順に沿って取り組めるように、内容はきちんと基礎的な部分からカバーされています。

マニュアルの第1章はツールの設置方法についてです。

ここではサーバーの契約やワードプレスのインストールと設定方法、そして本編のツールの使用方法まで、ネットビジネス初心者でも実践出来る様に分かりやすく解説してあります。

サーバーの契約からワードプレスのインストールなどは、ネットビジネス初心者であれば苦戦する人も少なくない部分ですが、この手のノウハウだとカットされている教材も少なくありません。

しかし、フェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)のマニュアルでは図解付きで基礎から非常に分かりやすく解説されているので、初心者でも取り組みやすくなっているはずです。

著作権の関係から全てをお見せすることは出来ませんが、このような感じですね。

第2章のマニュアルでは、あなたが手にする直接的な収益に関係する「キャッシュポイント」についての記載があります。

キャッシュポイントはアフィリエイトを行うためのASPの契約や、Googleアドセンスの取得などです。

この辺りも、はじめてアフィリエイトに挑戦する人にはピンとこない箇所かもしれませんが、丁寧に解説されているので全く問題ありません。

むしろ、「アフィリエイトとは?」という根本的なところから図解付きで丁寧に解説されています。

アドセンスの取得も、近年では規制により難易度が上がっている傾向にありますが、その取得方法も20ページに渡り具体的な解説がされています。

アドセンスの審査に通らない原因などについても記載されており、私の知識レベルからしても「なるほど!」と勉強になる部分も多々ありましたので、アドセンスに悩んでいる人へ向けても一見の価値があると思います。

と、ここまでがフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)で稼いでいくための下準備となります。

そして、ここからはいよいよ「ポータルサイトを使った戦略」が解説されているわけですが、個人的にはこの辺りの内容が非常に秀逸だと思っています。

業界に出回っているこの手のツールだと

「手順通りにやればサイトが完成しますよ」

という感じで、投げっぱなしで終了してしまい、肝心の「そのツールを使って稼ぐ戦略」というものが一切記載されていないものがざらにあるのが実情です。

しかし、今回のフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)では、「サイト構築の方向性」など、稼ぐ為の戦略についてかなり掘り下げた所まで抜かりなく解説されています。

前述して紹介した「Yahoo!!」のような、様々な情報をごちゃまぜに扱う「総合型のポータルサイト」の構築だけでなく、以下のような「ジャンル特化型のポータルサイト」の構築方法、及びその戦略というものが、ジャンル“それぞれに”解説してあります。

・アニメ系

・就職&転職系

・経済系

・美容系

・スポーツ系

・芸能系

・出会い系&恋愛系

・アダルト系

ジャンルが変われば、当然それぞれに適切なキャッシュポイントや、サイト構成というものも変わってきます。

その点も抜かりなく、

「各ジャンルのポータルサイトで、どんな広告を、どのように見せるか?」

という所が解説してあります。

例えば、

「芸能系のポータルサイトであれば、アドセンス広告が適しています」

とか

「経済系のポータルサイトであれば●●系の情報商材の成約率が高くなります」

というように、かなり具体的に解説されています。

アンテナサイトの教材で有名な「オートコンテンツビルダー神龍」なんかは、このあたりの記載はかなり弱いので、その点を踏まえると今回のフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)の戦略マニュアルは非常に優れていると感じます。

それと、成約率を高めるためのキラーページの作成について。

こちらは

「成約率をさらに高めたい・・・」

という人に適した内容ですが、そこに加えて文章力がなくても半分コピペで売れるキラーページを作れる方法が紹介されています。

このキラーページ作成方法は、ポータルサイトだからこそ出来る方法で、確かに半分コピペ、というよりも、9割コピペで作成できて、なおかつポータルサイトというサイト形式上、訪問者にほぼ100%売り込みと気付かれない自然な売り込みが出来ますので、効果は高いと思います。

このキラーページ作成方法を取り入れる事で、アドセンスだけでなく、普通に成約型のアフィリエイトも売りやすくなるはずです。

というか、どちらかと言えば「成約型アフィリエイト広告」に適した誘導戦略ですね。

続くマニュアル第3章ですが、ここでは外部からの集客についての解説になります。

アンテナサイトやtwitter、キュレーションサイト、はてブなど、様々なメディアを駆使してあなたのポータルサイトの認知を高めて行くというわけです。

この辺りも片手間で行える作業の上、Twitterについては「自動化」までしっかりと解説されています。

ここまでが、フェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)の戦略マニュアルの1~3章になりますが、もちろんポータルサイトを構成するためのワードプレステンプレートも付属します。

テンプレートは通常のポータルサイト用と、アダルト向きの2種類が付属しています。

こちらが通常のポータルサイト用テンプレート。

そして、こちらはアダルト向きポータルサイトのテンプレートになります。

テンプレートの設置に関しても、当たり前のように別途専用の設置マニュアルが用意されていますので、全く問題ありません。

ということで、かなりボリュームがある教材ですが、それに引けを取らないくらい非常にクオリティの高い教材にまとまっています。

柴野雅史のフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)に向いている人

「文章が苦手で中々記事を書けずに、伸び悩んでいる・・・」

という人にはまさにドンピシャな内容です。

あとは、放置でも報酬が発生するサイトを片手間で量産し、そんなサイトを1つでも多く所有したいという人は、取り入れて損はありません。

やはり1つだけのサイトですと、いつ機能しなくなるかは分かりませんからね。

その点で、この手のサイトはたくさん持っておいて全く損はないと思います。

仮に1サイトで収益が5万円だけだとしても、それは片手間で構築できるわけですから、そうしたサイトを5個でも作ればそれだけで月収25万円になります。

しかも、今回のノウハウにおいては、それ以上の収益を狙うことも十分に可能です。

ただ、そんな美味しいだけの話はあるわけではなく、もちろん注意点もあります。

それは「思考停止」で稼げるのではなく、稼ぐべくして稼ぐためにはそれ相応の「考える作業」も必要であり、戦略的な部分で収益はもちろん左右されます。

極端な話、男性向けに構築したアダルトのポータルサイトに、女性が使うような「化粧水」の広告を貼っても売れないですよね?

要するに、この辺りの戦略的な部分については実践者自身で考える必要があるという事です。

ただ、マニュアルの第2章でもこの辺りの戦略については非常に丁寧に解説してありますので、ご安心ください。

それらも含めて、「ただ自動で稼げる」というメリットと併せて、アフィリエイトの導線など、スキルアップも狙っていける内容だと思います。

そもそも、ポータルサイトの運営ノウハウ自体が、あまり目にする機会はありませんので、その辺りの裏側を知りたい人は手にして損はないはずです。

是非、どんなものなのかご覧になってみてください。

>>フェニックス(全自動更新型ポータルサイト構築システム)

柴野雅史のフェニックス(全自動更新型ポータルサイト構築システム)上原限定特典「上原式裏ポータルサイト戦略」

このフェニックスという強力なツール&ノウハウを使用していく上で、さらなる収益化を図ってもらうべく私の方からも特典を用意させてもらいました。

「上原式裏ポータルサイト戦略」

と題して、「収益化の戦略」を極限まで引き上げるノウハウを特典として提供させていただきます。

特典1.「上原式ポータルサイト収益化戦略の全体像編」

特典2.「ジャンル選定・サイト構築戦略」

特典3.「Twitter集客戦略」

特典4.「RSSで膨大なアクセスを自動で集めるためのポータルサイト運営戦略」

この4つの特典をお渡しします。

これらの特典では、基本となるポータルサイトの特性と合致する適切な「キャッシュポイント」や「収益化の戦略」、さらには「成約型広告の成約」までをカバーした「儲かるサイトの仕組み作りの戦略」を解説したものがまず1点。

そして、自動でコンテンツが更新されていく「ポータルサイト」に、ひたすらアクセスを流し続ける「集客戦略」を解説したものの2本立てのノウハウがメインとなっています。

まずあなたは「全自動更新型ポータルサイト構築システム(フェニックス)」というツール&戦略によって「稼げるポータルサイト」を構築することが出来ます。

そして、さらに私の集客の関するノウハウを駆使して、その「稼げるポータルサイト」にアクセスをひたすら流し続けるだけで良いのです。

通常のアフィリエイトというものは読者に「価値」を与えるためのコンテンツ(記事)というものは、基本的に全て自分の「労力」や「時間」をかけて作成していくことが前提となります。

ただ、「ポータルサイト」という類のサイトは、読者に「価値」を与えるコンテンツというものは、既にお伝えした通り、全て自動で更新されるものです。

よって、あたたが本来コンテンツ作成に使うはずの「労力」や「時間」というリソースを、そのまま「集客」に全振りする事ができるわけです。

これがポータルサイトで稼ぐための「全て」であり、これ以上でもこれ以下でもありません。

この辺りの概念を理解していなければ、いくら全自動でコンテンツが更新されるとしても、収益というものはガクンと下がります。

ですので、しっかりとこの特典で「戦略」と「集客ノウハウ」を学んでから、実践を行ってください。

特典内容は以下のようになっています。

特典1.上原式裏ポータルサイト戦略「全体像編」

まずは、この特典で解説していく仕組みの全体像を覚えてもらいます。

これまでもお伝えしてきた通り、ポータルサイトで収益化させるためのポイントとなるのは

1.「稼げるサイトを構築する」

2.「そこにアクセスを流す」

この流れを守ることが鉄則です。

この流れの中でも細分化すべきプロセスが多少ありますが、そのプロセスのうち、どれかが欠けても絶対に稼げません。

このフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)が、いくら簡単に量産が可能と言えども、何も考えずに適当に構築したポータルサイトで稼げるほど流石に甘くはありません。

そのために、ここでは「稼げるポータルサイト」の原理原則と、そこにアクセスを流し込んでいくための術の全体像をまず掴んでいってください。

特典1の内容

・ポータルサイト構築で守らなければならない鉄板の「4ステップ」とは
(ポータルサイト構築にも然るべき順序があります。この「4つのステップ」のどこか1つが欠けても稼げませんし、順番を間違えても稼げません。これからあなたが構築するポータルサイトは必ずこの4ステップを踏んで構築してください。)

・放置で稼げるポータルサイトの「軸」を決める、たったひとつのシンプルな基準とは?
(ポータルサイトに限らず「軸」が定まっていないサイトで稼ぐ事は困難です。サイト構築の際はこの「軸」を決める必要があるのですが、この基準を元に、放置で稼げるポータルサイト設計を行ってください。)

・多くの稼げないサイト構築実践者がやってしまいがちな「●●にこだわったサイト」とは?
(この失敗パターン要素を理解しておく事で、あなたは失敗の落とし穴を迂回し、最短ルートで稼ぎ出す事が出来ます。結構この失敗パターンに陥っているポータルサイトなどは未だに多く見かけますので、この要素は必ず抑えておいて下さい。

・人が「逆らうことが出来ない」無意識レベルの心理によって、意図せずに取ってしまっている「視線」の動きとは?
(webサイトに限らず、人はとある場面においては一定の法則に従って「視線」を動かします。この視線の動きは当然、収益化にも繋げることができます。まずはこの人間の行動学を学び、適切な広告配置の原則を頭に叩き込んでください。)

・リアルビジネスでは「当たり前に」取り入れられている、アフィリエイトサイトにおける2パターンの広告配置戦略とは?
(人間の「視線の動き」というものは、既にビジネスの世界では当たり前に取り入れています。これはケーキ屋のウィンドウ内でも、売りたいケーキをその法則に従った位置に置いて収益を出しているものです。リアルビジネスでも当たり前に取り入れられているこの法則を、あなたも今すぐに自分のサイトに取り入れて収益を増大してください。)

・外すと収益が急転直下する、「絶対に外してはならない」webサイトならではの広告配置の場所とは?
(リアルビジネスでも採用されている上記2パターンの広告配置場所とは別に、webサイトならではの忘れてはならない広告配置場所があります。ここは上記2パターンをスルーしたアクセスも必ず目を通す場所ですので、せっかく得られるはずの収益を取りこぼすことがないよう、しっかりと頭に叩き込んでおいてください。)

・ポータルサイト構築初期に、他サイトに「RSS申請」をしてはいけない理由
(「RSS申請」はポータルサイトのアクセス源になるのは間違いありませんが、初期段階で申請してもはっきり言って効果がありません。それ以前にやるべきことがあるので、然るべき順序を守って意味のある「RSS申請」を行いましょう。)

・適切な「RSS申請」の相手を探すのに効果抜群なとある「無料サイト」とは?
(基本的に「RSS申請」は、自分のサイトと同程度のレベルのサイトに申請していくことです。従って適当に申請したところで時間と労力の無駄なのは間違いありません。この「無料サイト」を利用して、肌感覚で申請相手を探すのではなく、明確な「数字」で申請相手を判断してください。)

特典2.上原式裏ポータルサイト戦略「ジャンル選定・サイト構築編」

全体像を覚えたら、次はさっそく「稼げるポータルサイト」を構築していきます。

アフィリエイト初心者がやりがちなミスに、

「売れない商品をアフィリエイトしている」

というのがあります。

これはポータルサイトにも同じことが言えて、ここで何も考えずに適当に決めたジャンルや商品を扱ったところで、そのジャンルや商品に興味がある人がいなければ収益は発生しません。

例えば、今流行っている映画やドラマ、アニメなどをイメージしてみてください。

今あなたが頭にイメージした題材をメインにしたサイトと、大昔にあった時代劇などを扱ったサイト。

どちらのサイトに多くの人が興味や関心を示し、どちらのサイトがより多くのアクセスを集められるでしょうか。

要するに「需要のないジャンルを扱っても人は集まらない」のです。

人が集まらないということはイコールして「稼げない」という結果に繋がります。

ですので、ここでしっかりと「稼げるジャンル」を学び、然るべき有効なポータルサイトを構築していってください。

特典2の内容

・1年後に月収1万円と100万円の収益差が出る、発信テーマ・ジャンルを決めるたったひとつのポイントとは?
(単純ですが、このポイントを抑えずに情報発信し始めると、1年後に収益が0円という可能性も普通にありえます。逆に言えば、ここさえ抑えておけば収益化の可能性は高まるんで、このポイントは必ず押さえておいて下さい。)

・収益目的において「綺麗事抜き」でキャッシュポイントを決めるために、避けるべきでない現実的な「2つの視点」とは?
(稼げていない人でよくやりがちなのが、「お勧めしたい商品を売る」というものですが、良い商品が「売れる商品」とは限りません。これを避けるためにも、扱う商品を選ぶ際はこの「2つの視点」というフィルターを通してください。)

・初心者でも悠々と収益を発生させることが可能になる、稼げるジャンルにおける「3つの条件」とは?
(稼ぎやすいジャンルには共通点があります。初心者の内に、あえて稼ぎにくいジャンルを運営する必要はないので、はじめに構築するポータルサイトではこの「3つの条件」を満たすジャンルを運営していってください。)

・上記「3つの条件」を満たした初心者におすすめする2つのジャンルと戦略とは?
(ここでは例として、上記3つのの条件を満たした2つのジャンル事例を紹介しています。それぞれのジャンルならではの収益戦略も解説していますので、この戦略をそのままなぞってサイト構築していくのも全然アリです。)

・1アクセスを「サラリーマンの日給」ほどの報酬に変換するために取り入れるべき、「とあるキャッシュポイント」とは?
(通常のポータルサイトでは、アクセスを細かいキャッシュに変える戦略が前提になっていますが、このキャッシュポイントは「サラリーマンの日給」ほどの報酬を得る事が可能な広告になります。効率よく収益を発生させるためにこのキャッシュポイントは是非取り入れてください。)

・本来は使い捨てとなるアクセスを、「継続的なキャッシュ」に変えることが出来るジャンルとは?
(単純な話ですが、1アクセスで1回きりの100円よりも、毎月継続的に10円の方が良いに決まっています。実は、そんな継続的な報酬を得られる特殊な案件がゴロゴロ転がっているジャンルがあります。このジャンルならではの特殊な収益化を生かして「継続的なキャッシュ」を手に入れてください。)

・読者を「無料登録」させるだけで、アドセンスの「300倍」ほどの報酬が得られるジャンルと戦略とは?
(通常、「成約型の広告」はセールススキルが必要になりますが、こちらの「無料登録案件」では、文字通り無料なのでアクセスしてきた人に金銭的負担がゼロであるが故に、初心者でも成約しやすい「美味しい案件」です。こちらの戦略も取り入れて、キャッシュポイントの幅を広げてみてください。)

・必要箇所を書き換えるだけで、ガンガン成約を取れる「無料登録誘導ページの文章テンプレート」
(さきほどの「無料登録案件」ですが、成約のハードルが低いとは言え、セールススキルがあれば、なお成約率が上がるのは言うまでもありません。ここでは全くの初心者でも成約が取れるように、扱う案件に合わせて必要部分を書き換えるだけで、初心者でもガンガン成約を取れるキラーページのテンプレートを用意しました。このテンプレートを利用してあなたも「無料案件」をガンガン成約してチャリンチャリンと報酬を積み上げてください。)

・息の長い稼げるポータルサイトを構築するためのジャンル選定の3原則とは?
(いくら稼げるジャンルだとしても、短期間しか稼げないサイトでは意味がありません。放置してても長く稼げるサイトにするにはこの3原則はしっかりと守らなければなりません。意味のあるサイトにするためのこの3原則を意識してサイト構築していきましょう。)

・検索エンジンからの評価を上げ、長期的・継続的にアクセスを獲得していくSEO対策の方法
(ポータルサイトは検索エンジンに依存しない集客が出来るとは言え、検索エンジンからも集客が出来た方が良いに決まっています。そしてフェニックスでは「独自コンテンツ」を作成する事も出来るので、抜かりなく検索エンジンからも集客を狙っていきましょう。)

・勝つためのキーワード選定と盛り込むべき情報の基本的な3原則とは?
(SEO対策においてキーワード選定とその攻略は必須であり、それはポータルサイトでも例外ではありません。フェニックスの機能を用いて、独自コンテンツを作成していく上で、このキーワードの3原則は必ず遵守してください。)

特典3.「Twitter集客戦略」

ポータルサイトやアンテナサイトと呼ばれる種類のサイトは、「RSS」という機能を使って他のサイトからの記事を取得するだけなので、基本的には検索エンジンからのアクセスは見込むことは出来ません。

ただ、このフェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)というツールは、単にRSSを取得するだけでなく、自分独自のコンテンツも投稿できるので、キーワード戦略によって、普通のブログやサイトと同様に検索エンジンからの集客も可能となっています。

それを踏まえても、圧倒的なコンテンツ量を自動で量産できるポータルサイトでも、やはりサイト運営しはじめた序盤は検索エンジンからのアクセスは集まりにくいのが実情です。

しかし、訪問者に「価値」を提供できるコンテンツ自体は序盤から既に大量にストックされていくわけですから、そこにアクセスを流せば収益が出ないわけがないのです。

なので、序盤でアクセスが来ないというのは、せっかく構築したあなたのポータルサイトのコンテンツ量からしたら非常に「もったいない」と言わざるを得ません。

そこで、ここではサイト開設初日からでもアクセスを流せる即効性がある、「Twitter集客戦略」について解説してあります。

この特典戦略を駆使して、目安として、まずは1ヶ月で「1000アクセス」ほどのサイトへのアクセス流入を目指してみてください。

特典3の内容

・Twitter集客の基礎事項(Twitterベーシックマニュアル)
(ここではTwitterを利用した集客の基本的な仕組みや概念、知識を解説し、Twitterをはじめてビジネス利用する人に向けた入門書になります。プライベートで活用している既存のアカウントとは使って行く「理由」が違うので、しっかりと基礎知識を覚えておきましょう。)

・●●したアカウントを無限量産する裏技とは?
(基本的にTwitterはプライベートでもビジネスでも関係なく「凍結=アカウントの停止」の危険性があります。ただ、それは取るに足らないリスクであり、この裏技を使えば、そのリスクの意味すらも消し飛ばすことが出来ますので、存分にTwitterからアクセスをかき集めてください。)

Twitterを活用する「6つのメリット」とそのメリットを最大限利用&応用する方法
(Twitterをビジネスに活用するメリットは6つあります。ここでその「6つのメリット」を理解し、今後のTwitter戦略をより強固なものにしていってください。)

・利益になるユーザーか否かを判断する超簡単な方法とは?
(Twitter利用者にはズバり「お金になるユーザー」と「お金にならないユーザー」が存在しています。合理的に収益を上げるのであれば当然「お金になるユーザー」を相手にしなければなりません。故に、この千里眼のような方法で悠々と「お金になるユーザー」をピックアップしていって下さい。)

Twitterで成果が出るかどうかの鍵となる「●●演出」とは?
(Twitter集客に限らず、この「●●演出」は人を動かすための重要な役割を果たします。この演出が適切に表現出来ているか否かでTwitterに取り組む時間や労力の価値が変わりますので、Twitter運営の際は、この「●●演出」は必ず行ってください。)

・●●演出をするために重要な■■の明確化について
(演出をしていく上で、まず定めなければならないのがここで解説する「■■の明確化」という全てのビジネスに共通している要素になります。この世のビジネスで、この「■■の明確化」を行わずに収益が出ている企業はゼロです。あなたはTwitterをビジネス利用するわけですから、この当たり前のビジネスマナーを守りましょう。)

・Twitterのプロフィール作成の際に意識すべき5つのポイント
(Twitter上にいる「お金になるユーザー」から反応してもらうには、「反応される理由のあるプロフィール」の作成が必須です。ここではそんな反応されるプロフィールに盛り込むべき「5つのポイント」を解説しています。これら5つのポイントは漏れなくプロフィールに含めてください。)

・一気にフォロワーを2000人以上増やす裏技とは?
(フォロワーは2000人を越えた辺りで、明らかに効果が出てきます。そういった意味でも、初期の段階でこの裏技を使って一気にフォロワーを増やしてしまうというのもひとつの手ですので、この裏技も取り入れてみてください。)

・Twitterの作業を効率化してしまう上原オススメの最強無料ツールとは?
(Twitter集客戦略というものは、基本的に手動で行って行くものですが、金にならない作業においては「効率化」というものは忘れずにいるべきです。そんな「効率化」を図ることが出来る「無料」のツールを手に入れてください。)

・ツイッターアカウントの凍結リスクを最大限に下げる方法
(ツイッターは凍結と隣り合わせとは言え、自ら凍結しに行く理由はひとつもありません。ここでは凍結のリスクを理解し、あえて地雷を踏みにいかないようにしましょう。)

・アカウントの凍結を避けるためにこれだけはやっておかないといけない「2つの作業」とは?
(はっきり言って、この2つの作業はやっておかないと「99%」アカウントを凍結されます。Twitterの過去の歴史から見てもこの「2つの作業」をせずに凍結されているのは既に分かり切っている事例ですので、ここは必ずやっておきましょう。)

特典4.「RSSで膨大なアクセスを自動で集めるためのポータルサイト運営戦略編」

ポータルサイトでのベーシックな集客戦略となる「RSS申請」。

これはつまり

「他のサイトとリンクし合って、アクセスを双方に流し合う」

ということを目的にした集客方法です。

そこで、他のサイトに「RSS申請」をしていくわけですが、申請をすれば全てのサイトから「相互アクセスのリンク許可」が出るわけではありません。

サイト運営者は誰しも「自分にメリットがないことはしない」からです。

ですので、ここ解説する「RSS申請」に関した戦略をしっかりと覚えて、意味のない「RSS申請」での時間と労力をかけるのを今すぐ辞めてください。

ここで解説している方法を実践していただければ、あなたのポータルサイトのアクセス数は右肩上がりで「雪だるま式」に膨れ上がっていきますので、楽しみにしておいてください。

特典4の内容

・RSS申請をしていく上で、絶対に無視してはいけない前提条件とは?
(RSS申請というものは、「数打ちゃ当たる戦法」で、やみくもに行えば良いわけではありません。現実的に言ってRSS申請はここでお伝えする「前提条件」を満たしていないと数を打っても当たりません。RSS申請時には、必ずこに前提条件を満たしてから行うようにしてください。)

・弱小サイトがRSS申請しても、ほぼ100%の確率で「返信すらされない」理由とは?
(開設したばかりのポータルサイトではRSS申請を行っても「返信すらされない」のが現実です。ここではその理由を紐解いてその理屈を理解してください。逆説的に言えば、その理由を潰すことさえ出来れば、あなたのポータルサイトからのRSS申請はほぼ100%通ることになります。)

・ポータルサイトをレベルアップさせる毎に行い、アクセス数を無限に増殖させていく「ロケット鉛筆式RSS申請メソッド」の方法とは?
(ある意味、RSS申請とはこの「ロケット鉛筆式メソッド」が一番理に適った戦法になります。このメソッドのキーワードとなるのは「切り離し」です。この切り離しの概念を押さえるだけで、あなたのポータルサイトのアクセスは循環し、無限に増殖していくことになります。)

・相互RSSしてもらえない時の“強引な処方箋”となる「●●を見せ付ける」という事
(何度RSS申請を行っても、中々承諾してもらえない時は多々あります。それはもしかすると、相手に「納得感」を与えられていない可能性があります。そんな時は強引に相手を説得できる武器となる「●●」を見せつけてみてください。これを見ただけで、相手は手首にベアリングが内蔵されているが如くクルリと手のひらを返してあなたの申請を承諾する可能性が大です。)

フェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)のダブル特典の受け取り方

上記でご紹介した特典は以下の手順でお受け取りいただけます。

1、下記のリンクから「フェニックス」の販売ページへ行く

>>「フェニックス」の販売ページはこちら

2、販売ページから教材を購入する

3、教材購入後、販売サイトにて特典をダウンロードする

上記3つの手順で特典を受け取ってください。

>>上原の特典付き「フェニックス」の販売ページはこちら

この記事に関する質問などありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

>>上原に質問してみる

以上が「フェニックス(自動更新型ポータルサイト構築システム)」のレビューになります。

それでは上原でした。

おすすめの記事