上原です。

ネットビジネスにおいてモノを売る上で大事なのが

「価値の演出」

です。

要するに、

「いかに価値を感じてもらうのか」

ということです。

ここが上手ければモノが売れますし、ここが下手だと中々モノが売れません。

ただ、人に価値を与えるためには

「そもそも価値が何なのか」

を知る必要があります。

そこで、今日は誰もが知っているであろう高級ブランドのエルメスを例に

「価値とは何なのか」

についてお伝えします。

エルメスのバッグに100万円の価値があるのか?

基本的に価値の感じ方というのは人それぞれです。

どれだけ高級なものであっても価値を感じない人も存在するわけです。

例えば、エルメスのバッグだと高いものは100万円しますが、全員が全員エルメスのバッグに100万円の価値を感じるかと言えばそうではありません。

エルメスのバッグに物凄く価値を感じる人もいれば、全く価値を感じない人も当然存在します。

ブランド物に興味がない人にとっては、たかがバッグに100万円支払う意味が分からないかもしれません。

しかし、世の中にそれだけの価値を感じる人が間違いなく存在しているからこそ、実際にエルメスのバッグは100万円で取引されるわけです。

つまり、

価値の感じ方は人それぞれ

だということです。

では何故、人によって価値の感じ方が違っているのか。

というと、実は一つのものに複数の価値が混在しているからです。

エルメスのバッグの価値についても実は複数の価値があります。

「一つのモノに複数の価値が存在する」

これが価値を理解する上でとても大事なポイントになります。

一つのモノに存在する複数の価値とは?

エルメスに存在する複数の価値。

それは、

・モノを持ち運ぶ

というバッグとしての本質的な意味合いの価値が一つ。

そして、もう一つが

・「エルメスという世界観」

という価値です。

ここでいう前者は「機能的な価値」と呼ばれますし「後者は感情的」な価値と呼ばれます。

ここで、

「バッグなんて持ち運べれば十分でしょ」

と考えている人は、機能的価値でエルメスのバッグを見ています。

だから、バッグに高い値段を払うことに理解が出来ないわけです。

つまり、エルメスのバッグに価値を感じない人種だという事です。

こういう人はバッグに関してはブランドではなくて、その辺の安いものを購入するわけですね。

一方で、エルメスの世界に共感するファンはエルメスに対して特別な感情を抱きます。

・エルメスを使えば人生が上手くいきそう

・エルメスを使えばモテそう

・エルメスを使えば出世しそう

・エルメスを持って街を歩けば人から振り向かれそう

など、色々なイメージを抱くわけですね。

この辺りが感情的な価値と呼ばれるものです。

故に、別の高級ブランドのプラダやルイヴィトンでもダメで、いくら高い値段を支払ってでもエルメスを欲しいと思うわけですね。

このように、モノには二つのタイプの価値があってそれぞれ機能的価値と感情的価値と呼ばれます。

この二つの価値の存在を認識することがビジネスを進める上で非常に大事になるのです。

ネットビジネスで大事になる感情的価値の演出

ここでポイントとなるのは

「機能的な価値は誰にとってもほぼ同じくらいの量しかない」

ということです。

例えば、カバンなら持ち運ぶという機能への価値。

靴なら足を守ることができるという価値。

こうしたベースとなるものが機能的価値です。

例えば、カバンを選択する場合ならどんなカバンでも持ち運べれば良いわけなので、より安いものを選択するということになります。

つまり、機能的価値だけで選ぶなら、判断基準は文字通り機能だけあれば良いので、値段は安ければ安いほど良いということになるわけです。

だから、価格競争にもなりやすいですし、差別化が難しい価値になります。

一方で、感情的な価値は受け取る人によって価値の感じ方は本当に千差万別です。

そして、ネットビジネスというのは基本的に

「情報」

というものを販売する仕事です。

ここで言う「情報」というものは、人によっては感じ方や受け止め方がかなり違うという特徴を持っています。

要するに、情報という価値は、ほぼ感情的価値によってその価値の優劣が左右されるという事です。

演出によっては価値がゼロになることもあり得ますし、逆に演出によっては価値を何百倍にも増幅することもできるという特徴があるわけです。

例えば、分かりやすい例でいうと「人からの手紙」というのも、ある意味では情報の一種と言えます。

そんな手紙という情報ですが、

・好きな人からのラブレター

・嫌いな人からのラブレター

この両者であれば、たとえ文面が全く同じでも手紙という情報の価値は大きく変わります。

好きな人からのラブレターであれば、ほとんどの人が大きな価値を感じるはずです。

逆に、嫌いな人からの手紙ならむしろ困ることになります。

価値はゼロと言っても大げさではないかもしれません。

このように、感情的価値は好き嫌い等の感情が大きく影響するということになります。

こうした前提で言うと、ビジネスにおいても

「価値を感じさせるのが上手い人」

は、やはり稼ぎやすいということになります。

感情的価値を感じてもらう方法

では、どうしたら感情的価値を感じてもらうことが出来るのかというと、キーワードとなるのは

「世界」

「ストーリー」

「共感」

などの要素です。

要するに、

「自分の世界観を出す」

ということですね。

エルメスに100万円の価値があるのは

「エルメスの世界観に惚れている人がいるから」

だと言えます。

ネットビジネスでアフィリエイトをする場合も基本は同じで

「自分の発信する情報に共感してくれる」

「自分の発信する世界観に共鳴している」

「自分のメッセージが魂に響いている」

からこそ、ファンが生まれてそのファンが感情的価値を感じるわけです。

そうした流れで

「●●さんがお勧めする情報だから買う」

という現象が起きるわけです。

そのために大事なのは

ターゲットに自分のメッセージを伝え、価値を与えることです。

ネット上で色々とブログを読んでいて

「この人のメッセージは良いな」

とか、そういう感覚は多少なりとあるかと思います。

そういう感覚で読んでいる読者は少なからず自分の情報に共感しています。

そして、共感してくれる読者が多ければ、自然とアフィリエイトなども上手くいきやすくなるということになります。

ただ一方で、現実問題、

読んでも伝わってくるメッセージが全く存在しないブログも数多く存在しています。

例えば、トレンドブログなどでは、戦略の特性上で仕方ない部分もありますが、誰が書いても同じような内容になっているとか、読んでいて何のメッセージ性もないブログとかは結構見かけます。

まあ、ノウハウ的にトレンド系だと匿名性が高かったりするわけですが、こういうブログは一時的に稼げてもファンは生まれないし長くは稼げないのが実情です。

故に、きちんと設定したキャラクターとか世界観を持ったブログを構築していく方が、長期的にはファンが生まれて稼ぎやすいということになります。

そのためには物凄く基本的なことですが、

「自分の価値観とかメッセージをはっきりさせる」

「ターゲットが誰なのかを明確にする」

ことが重要ですね。

>>ネットビジネスで最重要な基礎スキル、文章力の磨き方

この辺のベースとなる部分を徹底することで、醸し出される世界観は劇的に変わってきます。

「誰に向けて書いているのか分からない文章」

でブログの読者に価値を感じさせるのはかなり高難度になります。

その辺は思い当たる部分があれば絶対に改善した方がいいですね。

自分で読んで何を書いているのかよくわからないとか、然るべき価値を自分ですら感じられないブログは当然ですが読者も価値を感じませんからね。

逆に、明確なターゲットに向けてはっきりしたメッセージを出していたら必ず誰かが共感してくれます。

文章の上手い下手よりも

「メッセージの有無」

の方がむしろ大事です。

何のメッセージのないブログには共感のしようもありませんから。

ブログを読んで、共感してくれた人が自分のファンになってくれるというわけです。

ファンになってくれたら、

「自分の発信する情報」

に価値を見出してくれますので、アフィリエイト等も上手くいきやすくなるということになります。

「いかに感情的価値を感じてもらえるか」

こちらは是非意識してみると良いです。

参考にされてください。

それでは上原でした。

PS.

■初心者には以下の商材がお勧めです。

・物販アフィリエイト系のノウハウ

>>超初心者でもOK!物販アフィリエイトで月10万円稼ぐノウハウ

・トレンドアフィリエイト系のノウハウ

>>ビジネススタートに最適!月10万円を実現するトレンドアフィリエイトノウハウ

・ポータルサイト系のノウハウ

>>ポータルサイトを使って記事更新不要でも月10万円狙えるノウハウ

おすすめの記事