上原です。
今回はインフォトップのランキングにランクインしていた、
「SJP(せどりジャンキープロジェクト)」
という教材について、レビューしていいこうと思います。
かなり高額なので、注意喚起の意味も込めて購入を検討する際は、私のレビューを参考にして頂けたらなと思います。
それでは早速レビューしていきます。

SJP・せどりジャンキープロジェクト(青山有光)

特定商取引法に基づく表記
販売者名:株式会社キュリアスコープ
運営統括責任者:青山有光
住所:北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3 3F
販売URL:http://curiascoop.com/lp/sjp/

せどりジャンキープロジェクトの内容は?

今回のせどりジャンキープロジェクトは、過去に販売されていた、「ヤマダ電機ファイナルメソッド」という教材のバックエンド商材です。
ヤマダ電機ファイナルメソッドは、このSJPの序章に過ぎないとのことで、SJPには、ヤマダ以外にも、
・ケーズ電機
・ベスト電機
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ
・コジマデンキ
・ジョーシン
・エディオン
・・・・と言った、大手の店舗せどりの手法を解いています。
これらのノウハウが加わったことで、「ヤマダ電機ファイナルメソッド」との違いは、店舗せどりの幅が広がったこと、販売者からのサポートがより一層強くなったことが上げられます。
まあ、本来であればバックエンド商品ですから、こんなものかと思います。
まあ、これは個人の所感ですが、金額の割にサポート期間が短いのはちょっと微妙ですね。
この価格帯であれば、せめて1年くらいサポートしてもいいのではと思いました。

せどりジャンキープロジェクトの目玉商品

せどりジャンキープロジェクトには、前述した店舗せどりのノウハウに加えて、とあるツールが付いてきます。
それが、「家電ハンター」というツールですね。
こちらの家電ハンターは、ケーズデンキオンラインの商品とアマゾンの商品の価格差を調べて、利益が出る商品のみを発見する優れたツールです。
 
まあ、なので店舗せどりと併せて、在宅で電脳せどりができます。

せどりジャンキープロジェクトの懸念点

せどりジャンキープロジェクトは、まあ高額の部類に入りますが、それでも「欲しい」と思う人は一定数いると思いますが、懸念点について言及しておきます。
まず、その懸念点とは
「家電ハンターはいつまで使えるの?」
ってことですね。
せどりジャンキープロジェクトに入っている限り使えるとのことですが、もしかして、サポート期間の6ヶ月を過ぎたら、追加でお金がかかるという懸念があります。
サポート期間は決済から半年なので、その辺はしっかり書いて欲しいですよね。
それと、だいたい世の流れというか、こうした特定の店舗の名を上げた商材が発売されると、購入者さんが「稼げるか稼げないか」は別として同じ行動を取り始めます。
要するに、せどらー同士の競合が起こることが容易に想像できるわけです。
アフィリエイトならまだしも、せどりはどう考えたって、情報を公開した時点で「飽和」へと向かっていきます。
まあ、実際のところ「面倒でやらない」って人も出てきますので、絶対飽和するとは断言しませんが、稼ぎにくくなるのは事実っちゃ事実です。
こうした流れは、「家電ハンター」でも同じです。
一斉に、ケーズデンキオンラインを皆使いだすし、それがツールで出来るとあれば、なおのこと。
しかもインターネットというお手軽さから、全員が全員挑戦しようとします。
販売者さん曰く、
「ケーズデンキは、大量仕入れができないようになっている」
とのことですが、まあライバルが増える以上、良い案件はどんどん奪われていきますし、結局大量にさばけないのであれば、大きな利益も見込めませんよね。

今回の商材とは関係ないが・・・

あと、私はこの商材内容うんぬん以前に、販売者が「キュリアスコープ」と知って一気に「お察し」な状態になりました。
キュリアスコープと言えば、詐称疑惑のあるせどり塾、RTLを開催していました。
最近塾の5期目が開催されたそうですが、そもそも1期から3期目までの開催された痕跡が、ほぼネットに無い状態でしたから「詐称疑惑」があったわけです。
で、実は、前作ヤマダ電機ファイナルメソッドのセールスレターも、転売実績について「詐称」疑惑が出ていました。
明らかに、相場とはかけ離れた転売実績をセールスレターに堂々と公開したわけですから、まあ叩かれてましたね。
前作の問題点、そして詐称疑惑の耐えないキュリアスコープ・・・
こんなところに198000円も払うってのは、ちょっと危ないと思います。
 

この業界の構造を理解しよう

たしかに「せどり」というビジネスは、売れればすぐ利益に直結しやすいので、ネットビジネスの中では初心者の人でも結果が出やすいです。
でもなんで、そんな美味しいビジネスをしていた人達が、せどりをやめて、せどりの情報発信者や、インフォプレナーになるのでしょうか。
理由は単純です。
せどりだけでは、ずっと稼ぎ続けるのは厳しいから。
これに尽きます。
せどらーを取り締まる店舗が現れたり、常に売れる商品があるわけでは無い。
自分の時間を確保したければ、外注なども雇ったりしないといけない、永年価格差のあるものをリサーチして売り続けなくてはいけない。
言ってしまえば「自転車操業」なんですよね。
だから多くのせどらーが「教える側」に周って、そのノウハウで稼いでいるのだと思います。
ただ、せどりは「安く仕入れて高く売る」が基本ですから、利益の出る商品の見つけ方とか、〇〇を高値で売る方法とか、ノウハウを世に出した時点で、飽和へのカウントダウンが始まるんです。
本来、せどりで稼ぐには、
独自のルートをもち、こっそり他人にばれないように稼ぐ
これじゃないといけないと思います。
じゃあ、なんでそんな情報表に出すのかといと、情報発信サイドが、儲けるためです。
売り手は、「教える立場」に回るわけですから、飽和しようが、関係ありません。
そして、SJPを売っているキュリアスコープさん、そして、青山さんもまた、その「仕掛ける側」でしかないのです。
 
こうした実情がありますので、もし私がサラリーマンで副業として「せどり」に取り組むとしても、ある程度の仕組みを理解したらアフィリエイトに移行すると思います。
アフィリエイトの方が稼げる「桁」が違う上に、積み重ねが効くからです。
やっぱりせどりに限界を感じた人も、私のところに相談に来て下さいます。
さて、最後は話がそれましたが、SJPの購入に際して、
何か参考になればと思います。
<<追伸>>
また、私はメルマガの方も配信しています。
メルマガではネットビジネスで稼ぐためのノウハウと思考法を日々配信中です。
ブログでは書ききれない有益な情報をメルマガではお伝えしていますので、副業・ネットビジネス等でお悩みの方は上原のメルマガに登録してみて下さい。
加えて、
ネットビジネスのことで何か疑問や悩みがあったら遠慮なくご相談下さい。
些細な質問でもOKですので、是非頼って頂きたいと思います。
※基本的に24時間以内に返信をしています。
迷惑メールに振られている時がありますので、24時間経っても返信が来ていない場合は、一度そちらをご確認して頂ければと思います。
おすすめの記事